ロレックス ミルガウス

ロレックス ミルガウス

「耐磁性」をコンセプトに医者や化学者向けに誕生日した時計、それがミルガウスです。実際、お預かりの数からしたら、そーんなに多いというわけではありませんが、修理品で依頼されると、ついつい目がいってしまいます。 イナズマ秒針は特徴です。

 

こちらの時計はいわゆる「磁気が帯ない」というわけではなく、「磁気が帯にくい」ということであります。ですから、現代の私達の生活スタイル「パソコンやスマートフォンを使う時間が増えている」という環境にはとても合っています。「磁気」は目に見えるわけではないですが、実際にお預かり品の多くには少なからず磁気が帯びているのです。

磁気を帯びると時計はどうなるのか?

時計内に磁気が入ると、よく出る不具合は、機械時計であれば、時計が急に進むようになる。クオーツ時計であれば、気づいたら遅れてた。というケースが多いです。脱磁器にかけて、時計内の磁気を除き、不具合が解消されるケースもあれば、強烈な磁気が入ってしまうと、一度バラして内部部品を一つ一つ脱磁して、オーバーホールをしなくてはならないケースもあります。

先程も述べましたように、磁気は目に見えないので、日々の生活の中でジワリジワリと蓄積されることもありますので、時計の急激な進み(日差20秒以上)、クオーツなら少しでも正確さを失ったら、カナルクラブ店頭にお気軽にお持ち下さい!(^_^)無料にて5分程で、脱磁をさせていただきます。

磁気を防ぐ

ご自身で簡単にできる対策としたら、パソコン、携帯、テレビなどの近くに時計を置きっぱなしにしない、またワインディングマシーンに入れたままに長時間しないってことをまずお薦めします。

 

時計修理のカナルクラブ

オメガ、ロレックス修理の道具9

オメガシーマスター裏蓋の開閉用道具

オメガシーマスターオープナー

オメガシーマスターの裏蓋にある穴にあった形状の専用の道具があります。

オメガのデビル、コンステレーションにみられるようなスナップ式のこての原理を利用して開けるタイプでなく、オメガシーマスターなどにはスクリューバックというネジ式の裏蓋で高い防水性が必要とされるタイプに使用されます。

ネジ式ですのでドライバーでネジを緩める様に回転させながら裏蓋を緩めていきます。

固くしまっているのでこれだけではあけられません。

さらに開けやすくするためにロレックスにも使用されるハンドルバーとシーマスターのケース側を固定する道具が必要です。

オメガシーマスターを挟みこんで開けるわけです。

これだけのオメガシーマスター専用の道具を使っても錆びついていたりして開かない時があります。まれなことではありません。

シーマスターといわれるだけに海などで使用されているのでしょう。

そうなるとさらに別な道具が必要になってきます。

時計修理のカナルクラブ

 

 

プラスチック風防とサファイアガラス比較

最近の時計の風防はほとんどサファイアガラス製ですが、以前はプラスチック製、ミネラルガラス製が主でした。例えば、ロレックスは1980年代にリファレンスナンバーが1601 16014 まではプラスチック風防。そして次の世代16234からサファイアガラス仕様に変わっていきます。もちろんそれからずっと、116234なども、その後にできたモデルもサファイアガラスです。

 

上写真は、プラスティック風防ですが、真横から見た時に少し凹っと山ができています。それに比べて下写真、サファイア硝子は平でケースと一体感が増しています。

 

一方オメガもほとんどのモデルでサファイアガラスを装着していますがこちらは人気のスピードマスタープロフェッショナルを生産しつづけているので今でもプラスチック風防を使い続けています。

プラスティック風防からサファイア硝子へ

なぜ、プラスチック製からサファイアガラス製に変わったのでしょう?一つにはサファイアガラスにはキズが付きにくいという優れた特徴があります。ただ、サファイアガラスは硬度が凄く高く、キズはつきにくいのですが、割れたり、欠けたりはします。

特にロレックスのサファイアガラスの縁の部分は鋭角なので、オメガシーマスターなどの緩やかなカーブを描いたものより、欠ける可能性は高いです。割と細かい欠けがある時計は多いものです。

またサファイアガラスの時計、比較的最近のオメガシーマスター、スピードマスター、 ロレックスデイトジャストなどのオーナ-が時計を落としたらサファイアガラスが割れた、と修理が持ち込まれます。「サファイアガラスは割れない」と思っている方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。ダイヤモンドと同じで、硬度の高い物質はキズがつきにくいが、割れることはあります。

それに比べてプラスチック風防は、キズはつきにくいのですが、案外割れにくいです。相当前の話ですが、英語の時計部品カタログにunbreakable glassと表記されていたくらいです。

もう一つの特徴として、サファイアガラスは衝撃を与えなければほとんど永久に変質しませんが、プラスチック風防は数十年で劣化します。小じわのように無数の線(ヒビ)が入り、ボロボロになります。実際、真っ白に変色して文字盤すらはっきりと見えないなんて時計も預かりますから。

 

1980年代にロレックスがサファイアガラスを採用したとき、フラットなてっぺんの部分に違和感を感じたものですが、今は当たり前の感覚です。ただやっぱりオメガスピードマスタープロフェッショナルのプラスチック風防がフラットなサファイアガラスに変更になったらファンにとっては残念ですよね。

 

プラスチック風防をサファイアガラスに換える、または逆にサファイアガラスをプラスチック風防に換えたいというお客様がたまにいらっしゃいますが、それは構造が違うからできかねますのでご了承を・・・。

 

時計修理のカナルクラブ

 

オメガ、ロレックス修理の道具8

裏蓋閉める用駒

明工舎MKS10ケ駒セット

 

オメガやロレックスチェリーニの裏蓋とケースのサイズに合わせてさまざまなサイズがあります。

裏は平で表は中央がお椀上に凹んで、オメガ・ロレックスチェリーニの風防・ガラスが直接触れないようになっています。

ケースの部分だけに触れるサイズを選びがポイントです。

オメガコンステレーションのガラス側は3・9時側に突起がありあたるので駒を加工して使用します。

こちらは下駄(駒に厚みを持たせる)にあたる駒です。裏蓋を挿入する際に中央の突起が当たらないようにするためのものです。

 

時計修理のカナルクラブ

ロレックス ヨットマスター

スポーティーかつ斬新なヨットマスター

ロレックスのスポーツウォッチの中ではまだ歴史が浅い、ヨットマスター。

唯一、スポーツウォッチの中では、メンズサイズ、ボーイズサイズ、レディースサイズのサイズ展開があるタイプですから女性の方でも、スポーティーをお好みの方は是非お勧めです!

両回転ベゼルに100メートル防水と、同じマリンコンセプトのサブマリーナとの違いがあります。船上使用を想定して作られたモデルである為、ドレッシーなスタイルにも合わせやすいよう、時計材質にはそれ以上にこだわっています。

ヨットマスターの材質

ロレックスのスポーツタイプといえば、オールステレンスのSSが主流であり、コンビネーションのステンレス×イェローゴールド、オールイエローゴールドもあります。そこに誕生したヨットマスターは、ケース、ブレスはSS、ベゼルをプラチナを使ったロレジウムという斬新たる光沢感な印象を与えるヨットマスター独特の材質をデビューを果たしました。

さすが、ロレックス(^-^)。ちなみに針もホワイトゴールドを使用するというビジュアリーな仕上りです。

 

ヨットマスター2が誕生

2007年にはパワーリザーブ72時間、また10分カウントダウン機能搭載のヨットマスター2が誕生しています。cal4161搭載、更にマリンスポーツにふさわしいモデルへと成長をしました。

 

人と被るのはちょっと…って方にこちらの時計はおすすめです。勿論、ロレックス2本目の購入を考えている方も^_^笑。

カナルクラブではロレックス全般を得意としていますから、メンテナンス、修理の際はご相談を。

 

時計修理のカナルクラブ

 

 

 

 

機械式時計の存在

機械式時計は絶滅の危機に瀕していた

かつてほとんどすべての時計がクオーツにとってかわりそうな時代がありました。1970年クオーツショックと言われてる時代です。

その頃に書かれた本に「スイス時計業界の高級時計のシェア 97% 低価格時計シェア 0% これでは勝てない」という文章が書かれていました。

-時計店なら販売する高級時計が97%だと大喜びですが

-国の産業として見た時にこれはやはりまずいということになります。

高級時計97%と言っても販売戸数が圧倒的に少ないですから。

 

さて、ここでまず「誰が勝てない?」のか?・・・スイスです。

そして「どこに勝てない?」のか?・・・日本です。

当時、低価格時計は日本の独壇場でした。(その後スイスにSWATCHが登場します。当時、SWATCHは日本テレビコマーシャルもあったくらい本気で日本上陸を狙っていました。)

ただそこまでして日本上陸に熱心だったにもかかわらず、すぐに大きな成功を収めることはなかったようですし、実際に成功したのはそのずっと後になります。

 

しかし、なんだかんだ言っても世界的に成功したSWATCHはオメガやロンジンを傘下に収め、現在の巨大グループに成長していきます。つまり、たくさんの低価格時計を販売することで得たお金で有名高級ブランドを傘下収めたということです。しかし、有名ブランドの売りはやはり機械時計でした。それは今でも変わりません。

 

スイスは機械式時計の価値を上げることをしなかったらクオーツ時代の流れに飲み込まれていたはずです。しかしそこで踏みとどまったスイス時計業界は存続の危機を免れました。そうまでしてスイス時計業界が守った機械式時計、というより、スイス時計業界を救う切り札になった機械式時計というものはどんな不思議な力があるのでしょう。

機械式時計の何が気に入っているのか?・・・・・・

・毎日巻くから愛着がわく

・ちょっと時間が狂うから人間的だ

・電気を使わずあんな機械を作った人間は天才だ  等など・・・

 

とは言っても何かしっくりときません(~_~;)あまりにも個人的すぎます。根本的な理由ではないでしょう。

 

スイス時計業界を立て直したパワーはどこから来るのか?

そしてこれから書く、今後さらに高級時計の価値が上がっていくという予想は、一個人の好み・興味だけでは成り立ちません。高級機械式時計は同時代の他のアナログ機械が絶滅していく中でシーラカンスのように生き残りました。しかもかろうじて生き残っているのではなく堂々した存在感を持ってです。

 

これから社会状況の変化につれて人々の興味の対象としての高級時計の価値も変化します。そう思える最大の理由は、コンピューター、AIの進歩により人間の意識の方が変わるからです。つまり機械時計の価値はコンピューター化する世界に逆行(しかも見事に)しているからだと言えます。

 

この時代の流れに逆行して価値を増す傾向は、AIが実生活に登場する場面が多くなればなるほど当たり前になればなるほど、加速度的に増していくはずです。この正反対のものだからというのが、決定的な理由です。

 

時計修理のカナルクラブ

 

オメガ、ロレックス修理の道具7

閉じる道具

明工舎MKSネジ式挿入器

 

 

前回のが腕の力で押し込むタイプでしたがこちらはねじ込み式になります。

こちらも時計に合わせて駒が必要になります。

回しながら入れていくので、裏蓋が一緒に回ってしまいロゴがずれてしまうことがあります、また力の加減が分かりずらいですが、少しの力でゆっくり挿入出来る点が良い点です。

時計修理のカナルクラブ

 

 

大坂なおみさん着用

優勝おめでとうございます

今や日本中の誰もがこの方をご存知かと思いますが

「テニスプレーヤー 大坂なおみさん、全米オープン優勝おめでとうございます」\\\\٩( ‘ω’ )و //

 

20歳の若さで世界4大都市〔グランドスラム〕制覇ともなれば、日本を超え世界に「大坂なおみ」の名が知れ渡ったことは間違いないでしょう。テニス界だけではなく、あらゆるナオミ選手が身につけているアイテム、好きな食べ物までもが人気急上昇しているとか。

 

シチズン時計を着用してのプレー

時計業界でも先月シチズンのイメージアンバサダーに就任後、直後の全米オープンの試合においてシチズンの時計を身につけて試合をしていた様子がメディアからも伺えました。シチズンさんもさぞかし嬉しいでしょうね!

ナオミさん着用のシチズンの腕時計は、スマートフォンとBluetoothにペアリングすることで、メールや電話着信をお知らせしてくれる機能が付いているアナログ時計です。9月14日発売という事ですから、皆さんもいかがでしょうか。

時計も単に時刻だけをお知らせするものだけではなくなってきました。時計業界の進歩にも目が離せませんし、大坂なおみさんの今後のご活躍が楽しみですね。

 

 

時計修理のカナルクラブ

 

 

時計修理 Tutima 

チュチマなど

それほど多くはないのですが、チュチマ(Tutima) ジン(Sinn) クロノスイス(Chronoswiss)などのメンテナンス依頼等もございます。

しかし、外装部品が入手できないのが痛いところ(>_<)です。

 

内装部品(歯車など)は入手できるのですが・・・。

 

時計修理のカナルクラブ

 

オメガ、ロレックス修理の道具6

裏蓋を閉める道具

明工舎MKSレバー式挿入器

裏ブタ閉めや、風防、ガラス、ガラス縁などなどのの着脱に使用する道具です。

 開けたる道具があれば、閉める道具もあるわけです。

 手でうまく閉まることもないではないですが、ちゃんとしまっていないと内部に水分などが入る危険があるのでやはり道具を使うべきです。

閉まっていても3気圧防水の時計では雨の日に使ったりするのも危険なぐらいですから。

それとこの閉じる道具、明工舎ネジ式挿入器だけでは閉めることができません。

オメガ・ロレックスの裏ブタのサイズに合わせる駒が必要になります。

裏ブタ閉めるだけなら力の加減が解るので、次回説明するネジ式よりおすすめです。

 

 

時計修理のカナルクラブ