ROLEX デイトナ 修理事例

ROLEX 116520 デイトナ

購入よりまだ年数が浅く、(3年くらい)お預かり時にプッシュボタン(2時位置)が外れてしまった状態でお預かりでした。ボタンはユーザ様が失くさず、お持ちいただけたので消耗品のみの交換ですみました。

オーバーホール代 + パッキン類(計6点) =51000円 (税別)

時計修理のカナルクラブ

ROLEX オールド品 修理事例

ROLEX 6917 修理事例

4桁の1972年製のレディース DATEです。やはりそれなりにブレスレットにくたびれ感はあるものの時計内部はとてもきれいな状態です。風防にはカケがあったので交換させていただきました。

オーバーホール(OLD価格) + 内部交換(ゼンマイ/パッキン/風防/調整)=48000円(税別)

 

パッキン劣化していた

写真は今回交換した部品です。(カナルクラブでは特別な事情がない限り、交換した部品は全てユーザー様にお返ししております<(_ _)>)パッキンは劣化してはずした時に切れてしまっています。弾力性も失いただの薄い紙のようになっていました。これでは、防水がある時計といっても意味のないものに変わっていますね。

 

オールド品の時計も数多く修理させていただいております。メーカー修理を断られた方や他社で高額なお見積りで修理をあきらめた方はぜひカナルクラブにご相談を!

 

時計修理のカナルクラブ

 

オメガ シーマスター 修理事例

オメガ シーマスター  自動巻

購入より20年 初オーバーホール

基本オーバーホール代金 16000円 + 2番車/3番車/4番車/パッキン/ゼンマイ + 調整 = 42000円

今回は時計が完全に止まってしまったことで、修理依頼をお受け致しました。ゼンマイが切れていたことはもちろんのこと、歯車はオイル切れによる摩滅の為、交換が必要です。

 

時計修理のカナルクラブ

 

 

ROLEX 結露発生 修理事例

 ROLEX  オイスターパーペチュアル  67483

前回4年前 他社にてオーバーホール実施

今回は結露等の症状が出たためご依頼

オーバーホール + パッキン/ゼンマイ/調整  =39000円

時計内部には完全に水分が入りましたので文字盤等には腐食変色の後遺症が残ってしまっています。

 

時計修理のカナルクラブ

オメガスピードマスター 修理事例

 

オメガスピードマスター プロフェッショナル 145.0022(手巻き)

前回のオーバーホール5年前に弊社にて実施

今回は定期メンテナンス

オーバーホール代 + パッキン交換 = 26000円

 

こちらのスピードマスタープロフェッショナルは5年前に弊社にてオーバーホールをさせて頂き、今回は定期的なメンテナンスとしてご依頼いただきました。油の劣化、乾きはあったものの、内部の歯車等の状態は特に問題なしということで、消耗品のパッキンのみの交換でした。外装的な部分も5年前と差ほど変わらず、ユーザー様が大切にご使用いただいている様子が目に浮かびます。

時計修理のカナルクラブ

 

オメガ シーマスターコーアクシャル 修理

オメガシーマスター修理事例

御徒町に店を構えて48年。

依頼された時計修理は、なんとかユーザー様のお力になりたいと修理に努めておりますが、リピーター様のご依頼数も多くなっており、心から嬉しく感謝しています。ありがとうございます(*^▽^*)勿論、新規のご依頼も心より感謝いたします。

通常のオーバーホール(定期メンテナンス)は3年~4年でお勧めしておりますので、不具合があってもなくてもぜひオーバーホールをして頂きたいものです。

カナルクラブでは、修理完了後に「時計のお勧めの使用の仕方」といった内容の小冊子をお配りしていますし、店頭にお見えになった方には修理完了時に小冊子同内容を説明させていただきます。その内容を参考にご使用されたユーザー様が4年後に再度メンテナンスにお見えになった時にダメージが全くなく、とても上手に大切に時計を4年間使用していたんだな~なんて考えるととても嬉しくなります。

 

今回は実際の修理事例をご紹介いたします。

前回は2013年12月オーバーホール済です。

今回は4年半ぶりの再度ご依頼です(ありがとうございます!)。

今回 オーバーホール 22000円(コーアクシャル/スケルトン)、パッキン 2000円

修理代金は24000円でした。

この内容からわかるように、内部歯車等の交換がないととてもにリーズナブルなメンテナンスも夢ではありません。優秀なユーザー様に拍手!!!です。

 

コーアクシャルの部品

特にコーアクシャルの部品には高価な部品がいくつかありますので交換はさけたいものです。時計の上手な使い方をぜひ覚えて頂きメンテナンスをもっと安価に行っていただけたらと思います。

 

今後も本ブログ内で時計の上手な使い方をお伝えしてきます。

 

時計修理のカナルクラブ