オメガ、ロレックス修理の道具18

腕時計用ハンマー

MKS(明工舎) BSプラハンマー13MM

頭の部分の直径が13ミリのものです。

バンドピンなどを抜く際に、バンドのピンやピンの抜き棒を叩いたりするのに使います。

家にあるハンマーで代用できそうに思われますが、専用工具としての違いがあります。

片面はBS(真鍮)、腕時計を壊さないようにステンレスより柔らかい金属で出来ています。

片面はプラスティックです。

中央を先端が抜けないようにピンで止めてあります。

専用は50グラムなのに対し、一般的な釘叩くハンマーは、決して大きくないものなのに185グラムと6倍の重さがあります。

やったことはありませんが、一般的なものでピンを叩いたらきっとバンドの入る前に力がかかりすぎて曲りそうな気がしますし、力加減が上手くいかず時計を叩きそうです。

185グラムは茶碗一杯分の米の重さ、ロレックスシードウエラーと同じくらい。

重いのか、軽いのか・・・ 

時計修理のカナルクラブ