【オメガ シーマスター リューズ】

この状態のままねじ込み不能となった・・・

モデルにもよるのですが、この部分の修理だけでかなり高額な修理となることがあります。

リューズの不具合が発生する理由として、主に汗やほこりがリューズのねじ込み部に付着し、そこから緑青が発生して腐食します。

そうなると、ねじ込み不良や内部に水分が侵入しやすくなってしまいます。

定期的なメンテナンスをお勧めします。

時計修理はカナルクラブへ

時計修理のカナルクラブ

【リューズアップ】

普段はリューズに隠れているチューブの部分に緑青が発生するとリューズ交換になる可能性がアップします。

緑青は汗やほこりが原因となり発生します。

緑青が発生したまま放置すると腐食の原因になりますので、早めにメンテナンスしてもらいましょう。

ちなみにこの写真の時計は交換の必要はありませんでした。

時計の修理、オーバーホール、メンテナンスはカナルクラブ

ロレックスの修理はカナルクラブ